子宮内膜症と更年期

闘病ではなく、体の変化に対応していく。更年期を快適に楽しく生きたい。

ノーリツ給湯器「わかすアプリ」の機能

ノーリツの給湯器に買い替えたついでに、無線LAN対応のリモコンも設置しました。

「わかすアプリ」を使うとスマホからお湯張りなどの遠隔操作ができるようになるほか、便利な機能もあります。

給湯器操作

ふろ

アプリ画面はとてもシンプルなデザインです。「ふろ自動」をタップするとお湯張りができます。

 

f:id:pla5tic5mile:20210612194945p:image

通常リモコンでお湯張りをして完了すると、メロディと共に「お風呂が沸きました」のアナウンスが流れます。

実は「わかすアプリ」をダウンロードしたスマホタブレットからも同じメロディが流れます。うちではキッチンのリモコン、私のスマホ、夫のスマホタブレットからメロディが流れるので、お風呂が沸くたびに大合唱です。外出先でも、お風呂が沸くとスマホからメロディが流れます。

見守り機能(人感センサー)

f:id:pla5tic5mile:20210613075539p:image   f:id:pla5tic5mile:20210612221437p:image

浴室内のリモコンには人感センサーがついているので、入室、入浴状況が確認できます。(お風呂で人が湯船に浸かると、スマホ画面上でも人型が湯船に浸かってます)

また、アプリで入浴タイマーを10分などと設定しておくと、湯船に浸かっている時間が10分経過するとスマホに通知が届いて、入浴している人の長湯防止などに役立てることができるようです。

 

浴室暖房

浴室暖房は、うちでは主に洗濯物を乾燥するときに使うのですが、アプリからはオンできないようです。

f:id:pla5tic5mile:20210612133406p:image

リモコン本体で乾燥のボタンを押しておくと、アプリでオフすることができるようです。うちでは乾燥時間を設定したらそのまま時間が切れるまで洗濯物を乾燥させるので、アプリでオフする必要はなさそうです。

f:id:pla5tic5mile:20210612140258p:image

 床暖房

床暖房のオンオフもアプリでできます。冬の朝起きるときに、布団の中からスマホで床暖房をオンにして温めておくこともできます。冬は大活躍の機能かもしれません。

f:id:pla5tic5mile:20210612132221p:image

 

 利用状況の確認ができる

アプリ画面上部にある「自宅1」の右側のカレンダーマークをタップすると下の画面に切り替わります。「お湯使用」「おふろ」「浴室暖房」を使った日が表示されます。

f:id:pla5tic5mile:20210612132245p:image 

 

アプリ画面の一番下、真ん中の「利用状況比較」をタップすると1ヶ月のお湯使用量などが確認できます。うちは標準と比べて多いことが判明しました。

f:id:pla5tic5mile:20210612132301p:image 

 

アプリ画面の一番下、右の「エネルギー」をタップして、日付下の「日」「月」「年」をタップしていくと、それぞれのお湯使用量などが確認できます

f:id:pla5tic5mile:20210612132313p:image

 

f:id:pla5tic5mile:20210612143209p:image

 

f:id:pla5tic5mile:20210612143221p:image

 

まとめ

ノーリツ給湯器、無線LANリモコンと「わかすアプリ」を使うと、スマホでお湯張り、床暖房のオンオフができ、お湯の利用状況も確認できます。

浴室リモコンには人感センサーがついているので、入浴時の見守り機能として活用できます。

ちなみに、AmazonGoogle、LINEのスマートスピーカーと「わかすアプリ」を繋げると、スピーカーに呼びかけてお湯張りなどの操作ができるようです。

Appleスマートスピーカーには対応しておらず、呼びかけ操作はできません。2021年6月現在

 

 

[GTH-C2460AW3H-BL-13A-20A] ノーリツ ガス給湯器 GTH-C60シリーズ ガス温水暖房付ふろ給湯器 24号 屋外壁掛形(PS標準設置形) フルオート 2温度3P内蔵 2温度3P内蔵 リモコン別売 【送料無料】【都市ガス】

価格:153,420円
(2021/6/12 22:07時点)
感想(0件)

 

わかすアプリ

わかすアプリ

apps.apple.com

play.google.com

 

 

↓ランキングに参加しています。 ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村