子宮内膜症と更年期

いかに楽しみながら病気とともに生きられるか

9(ナイン)エンダー「人生を振り返り、次の年代につなげる」

2月、私は49歳になります。

9(ナイン)エンダーという言葉をご存知ですか。

19歳、29歳、39歳、49歳…と、各年代の最後の年齢を迎えた人を9エンダーというそうです。

なんだか差し迫った響きを感じます。

 

10年という恣意的な区切りの終わりに近づくと、心の中で何かが目覚めて、人々は行動を変える。

(中略)

ラソン初参加者のなかで、9エンダーは実に48パーセントも占めていることを発見した。全年代を通じて、マラソン初参加者の割合が一番多かった年齢は、29歳だった。29歳の人がマラソンで走る傾向は、28歳、または30歳の人と比べておよそ2倍にのぼった。

また、マラソン初参加者は40代初めで減少するが、49歳で著しく急増する。49歳の初参加者は、1歳しか違わない50歳の初参加者の約3倍にのぼる。

 

引用元:When 完璧なタイミングを科学する

 

「心の中で何かが目覚める」とは

年代の最後の年齢になったとき、その10年を振り返る人も多いと思います。

たとえば39歳。30代で何かやり残したことはないだろうか。

もっと勉強すればよかった。

もっと運動すればよかった。

自問するうちに

「このまま何もせず40歳になるのはイヤだ!何か一つだけでも30代のうちに始めなければ!」

という衝動にかられ、新しいことにチャレンジするのでしょう。

 

ちなみに私は39歳のときに韓国語の勉強を始めました。

私の30代は子宮の病気と消化器の病気で手術ばかりの10年でした。

「周りに迷惑をかけている」という気持ちが支配し、やりたいことを押さえつけて、できないと決めつけて生きていました。

39歳の誕生日に緊急手術が決まって、なんて最悪な誕生日なんだと底に沈んでいくような気分でした。

 

手術したら生まれ変わる

手術が決まって、もう逃げも隠れもできない状況でしたが、やっぱり怖い。

なんとか肯定的に受け止めたくて「手術したら生まれ変わる」と思い込もうとしていました。

不思議なもので、生まれ変わると思い込もうとしていたら、次は

「生まれ変わったら何がしたいか」を考えるようになっていました。

生まれ変わったら旅行したい

生まれ変わったら運動したい

生まれ変わったら語学の勉強を始めたい

生まれ変わったら30代にできなかったことを今から取り返したい!

 

39歳の誕生日に手術が決まったことで否応にも30代を振り返ることになり、

私の心の中にも何かが目覚め、韓国語の勉強を始めたのでした。

 

 

49歳、この10年を振り返り、次の50代につなげていける新しいことを見つけたいと思います。

 

When 完璧なタイミングを科学する [ ダニエル・ピンク ]

価格:2,420円
(2022/1/31 19:02時点)
感想(0件)

 

 

↓ランキングに参加しています。ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村