突然の生理痛、悩ましい

先月からホットフラッシュ対策でパッチタイプのホルモン補充療法を始めたところ、ホルモンに変化が起きたのか生理がきました。

数日前から、うすーく、おりものが色づいている程度の出血が続いていて、特にしんどいこともなかったのですが、今朝起きたときおなかの下あたりと腰のだるさがあって、昼前にはだんだん痛くなってきました。

 

ピラティスに行く予定にしていましたが、しんどいのに無理して参加しても楽しくないのでキャンセルしました。

 

出血は多くなっていないのに、生理痛だけはある。

閉経に近づくにつれ生理痛から解放されていくものと思っていましたが、というより願っていましたが、私の場合はそうじゃないみたいです。

いつまでも生理痛に悩まされます。悲しい。

 

 

 

 

↓ランキングに参加しています。ありがとうございます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

重くなるホットフラッシュと自己受容

5月末から急にホットフラッシュがひどくなり、首の後ろあたりがカーっと暑く、額にも汗がにじみます。しんどくて、やたらと座りたい。座ったら座ったで、やる気スイッチが入らずしばらく立ち上がれません。

 

1月から漢方薬を飲み始めて、最近2種類に増やしたところでひと段落ついたかと思っていたのですが、更年期はほんとに突然調子が悪くなりますね。

 

 

婦人科で相談し、ホルモン補充療法も取り入れることにしました。パッチを貼ると皮膚からホルモンが吸収されるタイプです。こちらは昨年の夏にも行いましたが、薬がやや効きすぎて出血(生理)がダラダラ1ヶ月近く続いたため中断した経緯があります。

先生のお話では、血液検査のホルモンの数値が1年前よりかなり低くなってるので出血のおそれはないだろうとのことでした。

 

 

パッチを貼り始めましたが、どうだろう。少し変化はあるような気がするけど、ホットフラッシュは続いています。

昨日今日で効果が出てくるものではないとわかってはいますが、体がしんどいと「しんどい部分」しか見えなくなります。

つい、症状ゼロを目指したくなりますが、多少症状があっても対処できていることについて合格点を出すほうが少しは気が晴れるのかもしれません。

 

 

 

 

↓ランキングに参加しています。ありがとうございます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

JoyHerアプリでの体調管理と数値化

JoyHerというアプリを使い始めました。

www.joyher.life

 

これは更年期の女性に向けた体調管理アプリで、症状別のアイコンをタップするだけで簡単に記録できます。


f:id:pla5tic5mile:20240511163039j:image


f:id:pla5tic5mile:20240511163224j:image

 

自由に文字入力ができる「メモ」ページもあり、アイコンにはない症状を記入したり、日記をつけるなどもできます。

 

30日記録するとヘルスケアプランが作成されます。症状に応じたアドバイスですが、持病のない方への一般的なセルフケアの提案ということです。症状が持続するようであれば医療機関を受診するようにとの表記があります。

 

 

個人的に気に入っているのは「履歴」で、どんな症状が何日あったかを確認できます。


f:id:pla5tic5mile:20240511163658j:image


f:id:pla5tic5mile:20240511163717j:image

 

こうした数値化ができるのはアプリの強みです。手書きの記録だと症状別にカウントしていくのはなかなか面倒で、結局続かなくなります。

 

データは集めてこそ活かされます。

今後1年、記録をつけてどんな症状がどのくらいあるのか。

たとえばホットフラッシュは通年あるとか、頭痛は春先に多いなどがわかってくれば、診察の際にも症状を明確に伝えられるようになりますね。

 

 

 

 

↓ランキングに参加しています。ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

「うれしいすぎるよ展」うれしすぎる瞬間とツッコミ満載

内科を受診した際に、数日前の片頭痛のような症状を話したところ「風邪やな(笑)」と言われてしまいました。完全に私の早とちりでした。

微熱と咳が続いているので片頭痛ではなく、風邪でした。これで4度目の風邪薬を処方され、ようやく全快を迎えました。長かったーー。

 

 

 

 

ゴールデンウィークに入り、展覧会に行ってきました。

prtimes.jp


f:id:pla5tic5mile:20240429152206j:image


f:id:pla5tic5mile:20240429152228j:image

日常に潜むうれしすぎる瞬間や「そういうことじゃないんだよ!」と突っ込みたくなる瞬間がイラストや写真などで展示されています。

 

良い悪いではなく、そういう意見もあるんだとゆるーくご覧ください。

f:id:pla5tic5mile:20240429153954j:image

関係者パスで入れるとうれしすぎる。

受付を済ますと「関係者パス」を受け取りました。みんなもらえます。

こういう演出だったんですね。


f:id:pla5tic5mile:20240429154109j:image


f:id:pla5tic5mile:20240429154143j:image

ドアを開けると「おめでとうございます」なんてうれしい。

ずいぶん前に「ドアを開けるたびにワクワクと出会えると思いながら生きている」というような文章を読んだ気がする。


f:id:pla5tic5mile:20240429155050j:image

右下の写真、人づてに褒められるとうれしさ3倍のやつ。

反対に、人づてにけなされると100倍ムカつく。


f:id:pla5tic5mile:20240429155130j:image

めちゃくちゃうれしすぎる瞬間ですね。

逆に、わざわざ手帳型のスマホケースを使ってるのに手から滑り落ちて、スマホの画面から床を舐めるように滑っていった瞬間なんかは最悪です。なんのための手帳型ケース。


f:id:pla5tic5mile:20240429155538j:image

まさしく私、このタイプです。マクドもスタバもモバイルオーダー派。むふー。

 

f:id:pla5tic5mile:20240429155828j:image

私、MBTI診断ではINTJ(建築家)です。全人口の2%、女性は0.8%しかいない。

口には出さないけど超うれしいんです。

 

 

イヤなことは衝撃が大きくいつまでも引きずってしまいがち。

うれしいことは小さな瞬間であることが多いので、うれしい瞬間をたくさん見つけながら生きていこうと思った次第。

 

 

f:id:pla5tic5mile:20240429160155j:image


f:id:pla5tic5mile:20240429160205j:image


f:id:pla5tic5mile:20240429171310j:image


f:id:pla5tic5mile:20240429161034j:image

暗記できないから悩んでるんだよー。


f:id:pla5tic5mile:20240429161219j:image

私はリモコンの場所を決めておくタイプなのですが、夫は無意識にいろんなところに持っていってしまいます。毎回探すのは私。ついにテレビのリモコンは2つになり、夫専用、私専用のリモコンを使うようになりました。


f:id:pla5tic5mile:20240429162438j:image

人数合わせのお誘いですかね。こう言われても途中では帰れない気がします。帰れる人いますかね。でももし自分が幹事になった飲み会の人数が足りなかったら、思わず言ってしまうのかも??


f:id:pla5tic5mile:20240429162733j:image

これを言われたらもう友達じゃない気がします。


f:id:pla5tic5mile:20240429171351j:image

「押し」がいる人は何回も見に行くんですよね。

 

 

 

こちらでは書ききれないほどたくさんのうれしすぎる瞬間と「そういうことじゃない」が展示されています。自分とは違う意見をクスッと笑いながら眺めることができるようになったら、器が大きくなった証ではないかと思います。

 

 

 

 

↓ランキングに参加しています。ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

畳みかける体調不良

4月になってからひどいカゼをひいて、体調が狂ってから2週間を過ぎました。

喉が痛くていったん咳き込むと咳が止まらず、処方された薬を飲んでも思うように効果が出ず、その度違う薬を処方してもらいました。ジェネリックの薬って効きが悪いんですかね?

 

ようやく落ち着いてきたと思っていたら、今朝は頭痛とともに目が覚め、最悪の気分で朝食を済ませました。

昼前に夫の知り合いからたけのこが届いたので下処理をしていたところ、急に脂汗と吐き気に襲われ立っていられなくなり、その場にしゃがみこんでしまいました。

床を這ってソファになだれ込み2時間ほど横になると、頭痛は相変わらずだけど吐き気は治まったので、包丁が刺さったままのたけのこの処理を済ませた次第です。

 

 

吐き気を伴う頭痛は片頭痛かもしれないということで、近々、頭痛外来を受診しようと思います。

 

 

 

 

 

↓ランキングに参加しています。ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

記憶力アップの秘訣、認知特性を知って学習に活かそう

「ノートに書いても覚えられないのはなぜだろう」

そんな経験はありませんか?

 

実は、人によって情報処理や記憶の仕方が異なる「認知特性」というものが存在します。 本田式認知特性研究所では、6つの認知特性を分類し、個々に合った学習方法を提案しています。

www.cogtem.com

 

本田式認知特性研究所の6つの認知特性

視覚優位 (カメラタイプ):写真のように2次元で捉え思考するタイプ
視覚優位 (3Dタイプ):空間や時間軸を使って考えるタイプ
言語優位 (ファンタジータイプ):読んだり聞いたりした内容を映像化して思考するタイプ
言語優位 (辞書タイプ):言葉の意味や論理的な整合性を重視するタイプ
聴覚優位 (ラジオタイプ):音声情報で理解するタイプ
聴覚優位 (サウンドタイプ):音楽やリズムで理解するタイプ

 

診断ツールで質問に答えていくと、自身の認知特性を知ることができます。

 


f:id:pla5tic5mile:20240325112851j:image

点数が20点から60点の間にあれば一般的な認知特性で、20点未満の場合その認知特性は弱い、60点を越えればその認知特性は強いと言えるそうです。

 

私の場合では60点を超える認知特性はなく、認知特性トップ3は以下のとおりでした。

53点 ラジオタイプ

49点 辞書タイプ

49点 ファンタジータイプ

 

ラジオタイプの解説を読んで気づいたのは、学校での思い出などは体育祭や文化祭、修学旅行などのイベントよりも、普段の休み時間に友達と話したことや、授業の内容をより鮮明に覚えていたことです。

ドラマや映画などを見ると映像より会話(セリフ)を覚えていたり、怖い話とかエピソードトークを聞くのも大好きで、特にメモを取らなくても記憶しています。

韓国ドラマを見ていて、俳優の顔を覚えているというよりは声を聞いて「あのドラマに出ていた、あの人だ」と気づくことも多いです。

 

ラジオタイプの人が効果的に学習するには、耳で聞いて覚えることがおすすめで、テキストは音声付きのものやオーディオブックを活用するとよいそうです。

自分の声を使うことも有効で、語学学習の場合では音声を聴きながら発音練習すると、自分の声を繰り返し聞くことになるので、さらに記憶に残るそうです。

 

 

自身の認知特性を知ることで最適な勉強法が見つかります。

 

 

 

 

↓ランキングに参加しています。ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

階段を上るときの落とし穴

運動不足解消のために、エスカレーターではなく階段を使うことをおすすめする人は多いでしょう。

しかし、階段を上るときに前かがみになると、実は楽に上れる一方で、筋肉を鍛える効果が低くなってしまうことをご存知でしょうか?

 

前かがみで上ると筋肉を使わない?

立った状態で背筋を伸ばし、膝が90度になるように片脚ずつ上げてゆっくり足踏みをすると、腹筋に力が入って脚の重みを感じます。

しかし、上体を少し前に倒して同じことをすると、脚が軽く上がるのを感じます。これは、前かがみになると腹筋や脚の筋肉を使わずに、体幹を使って上ることができるためです。

 

楽に上れるのはいいけど…

楽に上れるのは確かにメリットですが、前かがみで上ることが習慣になると、脚の筋肉が鍛えられず、気づかないうちに筋力が低下してしまうおそれがあります。

普段階段を上り下りしているから運動した気になっていても、実は鍛えられていなかったというケースは少なくありません。

しかもそれは何年もあとになってから、歩くことが厳しくなってから気づくのです。

 

長期的な視点で、負荷をかけた運動を

体を鍛えたいのであれば、長期的な視点で、ある程度の負荷をかけた運動を続けることが望ましいです。

階段を上るときは、前かがみにならずに背筋を伸ばして上るように意識しましょう。

また、筋力トレーニングなどほかの運動も取り入れることで、より効果的に筋力アップを図ることができます。

 

まとめ

階段を上ること自体は、運動不足解消に効果的な方法です。

楽に上るために前かがみになるのは避け、背筋を伸ばして上ることで、筋力アップ効果を高めましょう。

長期的な視点で負荷をかけたトレーニングも取り入れることで、より健康的に体を鍛えることができるでしょう。

 

 

 

 

↓ランキングに参加しています。ありがとうございます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村