子宮内膜症と更年期

いかに楽しみながら病気とともに生きられるか

歯列矯正を始めました

ついに歯列矯正を始めました。

下の前歯が永久歯に生え変わったときに不揃いになってしまい、それ以降ずっとそのままにしていたのですが、不揃いの下の歯のせいで上の前歯にも影響が出てきてしまいました。

不揃いの歯のうち1本が飛び出ていて、その飛び出た歯が上の歯に当たって前に押し出されて、いわゆる出っ歯になってきていて、このまま放置しておくと、いずれ口が閉じれなくなるのだそうです。

歯列矯正に向けての検査と説明を聞き、インビザラインという、マウスピース型の歯列矯正を選びました。

1週間に1枚ずつマウスピースを交換して矯正していくのですが、私の場合99個のマウスピースが作られました。歯並びが整うまでに99週かかるということです。


f:id:pla5tic5mile:20221010162032j:image


f:id:pla5tic5mile:20221010162050j:image

 

マウスピースをしたときは圧迫感が多少ありますが、痛くはないです。

装着したときの見た目は、マウスピースが透明なのでちょっと歯がテカテカしていますが「歯列矯正をしている」と、こちらから言わない限り、まったく気づかれないです。

 

マウスピースを取り付けるのには問題ないのですが、取り外しはコツがいります。奥歯の内側(舌のあるほう)に爪をひっかけマウスピースを浮き上げて、同じように徐々に前のほうも爪をひっかけて外していくという手順です。

私にとっては下のマウスピースの取り外しが少しやっかいで、下の前歯の部分が外れにくいので、マウスピースを爪でひっかけ浮き上げたときに、ウェットティッシュでマウスピースをつまんで、下顎を下げて(口を開けて)外すようにしています。

 

マウスピースをつけたままの食事はNGです。

水やお茶は飲んでも大丈夫ですが、糖分の入った飲み物や、熱い飲み物はNGです。

20時間以上装着しなくてはいけないので、食事や間食のあとはすぐ歯磨きをしてマウスピースを取り付けます。ダラダラと間食はできません。

 

もし装着時間が短くなった場合は、マウスピースをつける期間を1週間から1~2日長くしてもよいそうですが、けっこう厳しい自己管理が必要になると、あらためて覚悟を決めたところです。

 

 

 

 

↓ランキングに参加しています。ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村